松田直樹、旅立つ

 

2011年8月4日、松田 直樹 永眠。

 

彼のハードタックルに鹿島の選手もどれほどやられた事か。

自分は正直彼のプレーはあまり好きではなかった。

でも彼がマリノスを去るとき、彼の気持ちが溢れ出したインタビューには心を打たれた。

改めてその時のコメントをここに記そうと思う。

 

「16年間、本当に生意気で、わがままな自分を応援してくれて、本当にありがとうございました。バカでずっと生きてきましたけど、みんなが応援してくれたから……。自分のマリノスの1試合1試合は気持ちを込めて戦ったと思うし、もちろん俺にキレた人もいると思うし、でも、みんなの声援が自分の力になりました」

「マリノスのサポーターはマジで、最高です。こんな時間でみんなに対しての気持ちは伝えられないんですけど、とにかく、みんなが最高としか言えないんで。あとは、本当に感謝の気持ちしかないです」

「ただ、俺、マジでサッカー好きなんですよ。マジで、もっとサッカーやりたいです」

「本当にサッカーって最高だし、まだサッカー知らない人もいると思うけど、俺みたいな存在っていうのもアピールしたいし、サッカーって最高なところを見せたいので、これからも続けさせてください」

「本当にありがとうございました」

 

気持ちのこもった挨拶はチームの垣根を越え、多くのサポーターの心に響いたはずだ。

今はもう、その太く短く生きた彼の人生は幸せだったと思うこととしよう。

松田よ安らかに

合掌。

 

 


[`tweetmeme` not found]
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.